コーヒーの通販 ミカフェート オンライン ストア

世界各国 3,000以上のコーヒー農園を知る José. 川島 良彰が2008年に設立した株式会社ミカフェート 世界中の素晴らしい農園のコーヒーをご提供します

企業サイトはこちら

コーヒーのカテゴリ

  • カテゴリを選択する事で、フォームが空欄でも商品を検索する事ができます。
    [ 商品 or 生産国 ] × [ 味 or フレーバー ] 等でお好みを検索してください。
    商品
    • Premier Cru Café icon
    • COFFEE HUNTERS icon
    • ドリップバッグ icon
    • ギフト icon
    • 抽出器具 icon
  • 生豆生産国
    • エル サルバドル 国旗
    • パナマ 国旗
    • グアテマラ 国旗
    • コロンビア 国旗
    • ペルー 国旗
    • タンザニア 国旗
    • ジャマイカ 国旗
    • 味 甘み アイコン
    • 味 こく アイコン
    • 味 酸味 アイコン
    • 味 酸味少なめ アイコン
    • 味 苦味 アイコン
    • 味 苦味少な目 アイコン
    • 味 後味 アイコン
    • 味 バランス アイコン
  • フレーバー
    • フレーバー シトラス アイコン
    • フレーバー トロピカル アイコン
    • フレーバー ベリー アイコン
    • フレーバー チョコ アイコン
    • フレーバー ナッツ アイコン
    • フレーバー スパイシー アイコン
  • 焙煎度合
    • 焙煎度合 ライト アイコン
    • 焙煎度合 ノーマル アイコン
    • 焙煎度合 ダーク アイコン
  • 商品価格 円 〜
初めてお越しいただいた方へ
カート

コーヒーのカテゴリ

コーヒーの種類 一覧

いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > 農園 産地レポート > アラディーノ デルガード農園

アラディーノ デルガード農園

コルー カハマルカ州 ハエン郡 チョンタリ村 農園主:アラディーノ・デルガード

農園にて

アラディーノ デルガード農園のコーヒー

5 件中 1-5 件表示 

【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 1kg

ペルー【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 1kg

価格2,808円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。

【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 5kg

ペルー【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 5kg

価格12,420円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。

【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 10kg

ペルー【コーヒー 生豆】アラディーノ デルガード農園 カトゥーラ亜種 10kg

価格22,680円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。

ラグリマ デ アンデス

ペルー【コーヒー 豆/粉】アラディーノ デルガード農園 ラグリマ デ アンデス COFFEE HUNTERS

価格1,850円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。


ラグリマ デ アンデス ダーク

ペルー【コーヒー 豆/粉】アラディーノ デルガード農園 ラグリマ デ アンデス ダーク COFFEE HUNTERS

価格1,850円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。


5 件中 1-5 件表示 

アラディーノ デルガード農園 産地レポート

ラグリマ デ アンデスの生産者である、アラディーノ・デルガード氏と農園のレポートをお届けします。

農園への道のり

アラディーノ デルガード農園は、最寄りの町・ハエンから南西方向に車で3時間ほど舗装されていない山道を上り、標高1,700mほどにある小さなチョンタリ村を素通りし、更に30分ほど斜面をかけあがる事で、ようやくたどり着くことができます。

コーヒーの木

2011年の出会い以来、この農園へは継続的に訪問して毎年の作柄について言葉を交わし、農園内の樹の状態などを見続けて来ました。

苗木

山奥に広がる敷地でアラディーノが兄弟の家族たちと共に楽しそうに暮らす姿はいつもと変わりませんが、ことコーヒー農園の方へ目をやると、その手入れの質は高まっているように感じます。

標高2000m地点

「COFFEE HUNTERS」用のカトゥーラ種が生産される区画をさらに上り、2,000m近い敷地の頂上付近にも新たな品種を植えることに挑戦する彼の向上心には脱帽させられますし、これからも彼とつきあっていく事で、この農園が新たに作り出す魅力や可能性をずっと送り届けてくれるのではという、期待感や信頼感が増していきます。

コーヒーチェリー

収穫作業はまだすべて終了しておらず、今年の品質を確認するにはまだ少し早い時期ではありましたが、樹に成っているチェリーをもいで口にし、果肉の中からトロリと舌に感じる甘さを味わうにつけ、今年もいいコーヒーが届くに違いないと確信することが出来ました。

農園の様子

農園の様子

ラグリマ デ アンデスと生豆