コーヒーの通販 ミカフェート オンライン ストア

世界各国 3,000近くのコーヒー農園を知る José. 川島良彰が2008年に設立した株式会社ミカフェート 世界中の素晴らしい農園のコーヒーをご提供します

企業サイトはこちら

コーヒーのカテゴリ

  • カテゴリを選択する事で、フォームが空欄でも商品を検索する事ができます。
    [ 商品 or 生産国 ] × [ 味 or フレーバー ] 等でお好みを検索してください。
    商品
    • Premier Cru Café icon
    • COFFEE HUNTERS icon
    • ドリップバッグ icon
    • ギフト icon
    • 抽出器具 icon
  • 生豆生産国
    • エル サルバドル 国旗
    • パナマ 国旗
    • グアテマラ 国旗
    • コロンビア 国旗
    • ペルー 国旗
    • タンザニア 国旗
    • ジャマイカ 国旗
    • 味 甘み アイコン
    • 味 こく アイコン
    • 味 酸味 アイコン
    • 味 酸味少なめ アイコン
    • 味 苦味 アイコン
    • 味 苦味少な目 アイコン
    • 味 後味 アイコン
    • 味 バランス アイコン
  • フレーバー
    • フレーバー シトラス アイコン
    • フレーバー トロピカル アイコン
    • フレーバー ベリー アイコン
    • フレーバー チョコ アイコン
    • フレーバー ナッツ アイコン
    • フレーバー スパイシー アイコン
  • 焙煎度合
    • 焙煎度合 ライト アイコン
    • 焙煎度合 ノーマル アイコン
    • 焙煎度合 ダーク アイコン
  • 商品価格 円 〜
初めてお越しいただいた方へ
カート

コーヒーのカテゴリ

コーヒーの種類 一覧

いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > 生豆販売 Green Beans > 【コーヒー 生豆】キリマンジャロ/キレマチャーチ周辺 ブルボン亜種 10kg

【コーヒー 生豆】キリマンジャロ/キレマチャーチ周辺 ブルボン亜種 10kg

タンザニア【コーヒー 生豆】キリマンジャロ/キレマチャーチ周辺 ブルボン亜種 10kg

1kg単位
5kg単位 割引価格
※再販売目的でのご購入はお断り申し上げます。
※1kg、5kg、10kgの3種の単位のみでの販売となります。小分け包装は対応いたしかねます。
※個別の送料(全国一律で850円〜1,700円)が注文個数に応じてかかります。生豆は同時に複数購入されても送料の割引はございません。何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
※生豆と、焙煎豆などの生豆以外の商品を同時に購入された場合、生豆との合計金額が5,000円を超えますと、生豆以外の商品の送料は無料になります(※生豆の送料はかかります)。
※日本国内にて定温倉庫保管
※品質保持のため、脱酸素剤も同封しております。焙煎しないよう取り出してください。
※銘柄のページに記載されている内容以外の情報提供はできかねます。
※焙煎に関するお問い合わせは承りかねます。

価格22,680円(税込)

[ 送料個別 1,700円 ]

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

キリマンジャロ/キレマチャーチ周辺 ブルボン亜種

このブルボン亜種は皆様ご存知のキリマンジャロのコーヒー。"キレマ"はキリスト教の宣教師たちによってコーヒーが持ち込まれた「タンザニアコーヒー発祥の地」です。

生豆生産国
タンザニア
生豆産地 
キリマンジャロ/キレマチャーチ周辺
標高   
1,428m
栽培品種 
アラビカ種(ブルボン亜種)
原料豆輸送
リーファーコンテナ

COFFEE HUNTERS STORY

大量生産で変わってしまった
キリマンジャロコーヒー

タンザニアのキリマンジャロコーヒーは、日本でもお馴染の銘柄で昔から飲まれていました。しかし以前の品質を知っている愛飲家達は、現在市販されているコーヒーには満足していません。品質が変わってしまったからです。

キリマンジャロ

アフリカ最高峰キリマンジャロの登山の際、起点になる町がMoshi(モシ)です。かつてキリマンジャロコーヒーと呼ばれていたものは、この町を中心に山麓の斜面で栽培されていたものだけでした。しかしいつしか平地のArusha(アルーシャ)で大量に栽培されるものまでキリマンジャロを名乗るようになり、更に現在では数千キロ離れた南部のマラウイ国境のコーヒーまで、キリマンジャロコーヒーとして販売されるようになってしまったのです。

キリマンジャロコーヒーの起源

熟す前のコーヒーチェリー

※熟す前のコーヒーチェリー

アラビカ種の原産地はエチオピアですから、近くに位置するタンザニアには直接アラビカ種が伝えられたと思われがちです。しかし実はインド洋のブルボン島(現在のフランス海外県レユニオン島)から、キリスト教イエズス会の宣教師たちによってもたらされました。

Kilema 教会

宣教師たちは、Moshiの東にあるKilema(キレマ)村に建設した教会の裏庭に1893年、持ち込んだコーヒーを植えました。採取した種子で作った苗が地元の農民に分け与えられ商業栽培が始まりました。タンザニアのコーヒー産業の起源です。

生豆販売の商品一覧に戻る