コーヒーの通販 ミカフェート オンライン ストア

世界各国 3,000近くのコーヒー農園を知る José. 川島良彰が2008年に設立した株式会社ミカフェート 世界中の素晴らしい農園のコーヒーをご提供します

企業サイトはこちら

コーヒーのカテゴリ

  • カテゴリを選択する事で、フォームが空欄でも商品を検索する事ができます。
    [ 商品 or 生産国 ] × [ 味 or フレーバー ] 等でお好みを検索してください。
    商品
    • Premier Cru Café icon
    • COFFEE HUNTERS icon
    • ドリップバッグ icon
    • ギフト icon
    • 抽出器具 icon
  • 生豆生産国
    • エル サルバドル 国旗
    • パナマ 国旗
    • グアテマラ 国旗
    • コロンビア 国旗
    • ペルー 国旗
    • タンザニア 国旗
    • ジャマイカ 国旗
    • 味 甘み アイコン
    • 味 こく アイコン
    • 味 酸味 アイコン
    • 味 酸味少なめ アイコン
    • 味 苦味 アイコン
    • 味 苦味少な目 アイコン
    • 味 後味 アイコン
    • 味 バランス アイコン
  • フレーバー
    • フレーバー シトラス アイコン
    • フレーバー トロピカル アイコン
    • フレーバー ベリー アイコン
    • フレーバー チョコ アイコン
    • フレーバー ナッツ アイコン
    • フレーバー スパイシー アイコン
  • 焙煎度合
    • 焙煎度合 ライト アイコン
    • 焙煎度合 ノーマル アイコン
    • 焙煎度合 ダーク アイコン
  • 商品価格 円 〜
初めてお越しいただいた方へ
カート

コーヒーのカテゴリ

コーヒーの種類 一覧

いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > Cafe Puente > 【コーヒードリップバッグ】 Cafe Puente タンザニア キレマ教会周辺 キレマ チャーチ キリマンジャロ 200袋分 大容量

【コーヒードリップバッグ】 Cafe Puente グアテマラ サンミゲル農園 サンミゲル 200杯分 大容量
【コーヒードリップバッグ】 Cafe Puente グアテマラ サンミゲル農園 サンミゲル 200杯分 大容量
【コーヒードリップバッグ】 Cafe Puente グアテマラ サンミゲル農園 サンミゲル 200杯分 大容量

【コーヒードリップバッグ】 Cafe Puente タンザニア キレマ教会周辺 キレマ チャーチ キリマンジャロ 200袋分 大容量

内容量:10g×200袋分
※簡易包装でお届けいたします。

通常価格40,000円(税込)のところ
価格30,000円(税込)

申し訳ございません。この商品は売り切れております。

商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

毎日手軽にコーヒーを楽しみたい方に向けたCafé Puenteシリーズ200袋セットです。カップに広げてお湯を注ぐだけで簡単に抽出ができる本シリーズ。焙煎、粉砕、充填、包装を短時間で行うことにより、パッケージはアロマを含んだ炭酸ガスでふくらみます。ひとたびパッケージを開ければ閉じ込められていたアロマが一気に広がり、ご自宅やオフィスなどでも、上質なコーヒーをお楽しみいただけます。

キレマ チャーチ キリマンジャロ

キレマ チャーチ キリマンジャロは皆様ご存知のキリマンジャロのコーヒー。"キレマ"はキリスト教の宣教師たちによってコーヒーが持ち込まれた「タンザニアコーヒー発祥の地」です。

生豆生産国
タンザニア連合共和国
生豆産地 
キリマンジャロ州 モシ地方 キレマ村
標高   
1,428m
栽培品種 
アラビカ種 ブルボン
原料豆輸送
リーファーコンテナ

風味

ナッツ系の香ばしい香り。甘みと香ばしさが共存し、力強く飲み応えのあるコーヒー。

強く感じられる

ピーナッツ ペッパー

微かに感じられる

チェリーブロッサム ダークチョコレート オレガノ

味わいの強さ 6

味わいの強さ 6 イメージ

酸味 3

酸味 3 イメージ

甘味 5

甘味 5 イメージ

苦味 8

苦味 8 イメージ

焙煎度 4

焙煎度 4 イメージ

COFFEE HUNTERS STORY

大量生産で変わってしまった
キリマンジャロコーヒー

タンザニアのキリマンジャロコーヒーは、日本でもお馴染の銘柄で昔から飲まれていました。しかし以前の品質を知っている愛飲家達は、現在市販されているコーヒーには満足していません。品質が変わってしまったからです。

キリマンジャロ

アフリカ最高峰キリマンジャロの登山の際、起点になる町がMoshi(モシ)です。かつてキリマンジャロコーヒーと呼ばれていたものは、この町を中心に山麓の斜面で栽培されていたものだけでした。しかしいつしか平地のArusha(アルーシャ)で大量に栽培されるものまでキリマンジャロを名乗るようになり、更に現在では数千キロ離れた南部のマラウイ国境のコーヒーまで、キリマンジャロコーヒーとして販売されるようになってしまったのです。

キリマンジャロコーヒーの起源

熟す前のコーヒーチェリー

※熟す前のコーヒーチェリー

アラビカ種の原産地はエチオピアですから、近くに位置するタンザニアには直接アラビカ種が伝えられたと思われがちです。しかし実はインド洋のブルボン島(現在のフランス海外県レユニオン島)から、キリスト教イエズス会の宣教師たちによってもたらされました。

Kilema 教会

宣教師たちは、Moshiの東にあるKilema(キレマ)村に建設した教会の裏庭に1893年、持ち込んだコーヒーを植えました。採取した種子で作った苗が地元の農民に分け与えられ商業栽培が始まりました。タンザニアのコーヒー産業の起源です。

キレマ チャーチ キリマンジャロ がお好きな方におすすめ

キレマ チャーチ キリマンジャロ

同じ生産国の飲み比べ

ンゴロンゴロ コンベント エステート

上質で芳醇な味わい

ブルボンナチュラル

カカオのような香り

ブルボン エリテ

Café Puenteの商品一覧に戻る