コーヒーの通販 ミカフェート オンライン ストア

世界各国 3,000近くのコーヒー農園を知る José. 川島良彰が2008年に設立した株式会社ミカフェート 世界中の素晴らしい農園のコーヒーをご提供します

企業サイトはこちら

コーヒーのカテゴリ

  • カテゴリを選択する事で、フォームが空欄でも商品を検索する事ができます。
    [ 商品 or 生産国 ] × [ 味 or フレーバー ] 等でお好みを検索してください。
    商品
    • Premier Cru Café icon
    • COFFEE HUNTERS icon
    • ドリップバッグ icon
    • ギフト icon
    • 抽出器具 icon
  • 生豆生産国
    • エル サルバドル 国旗
    • パナマ 国旗
    • グアテマラ 国旗
    • コロンビア 国旗
    • ペルー 国旗
    • タンザニア 国旗
    • ジャマイカ 国旗
    • 味 甘み アイコン
    • 味 こく アイコン
    • 味 酸味 アイコン
    • 味 酸味少なめ アイコン
    • 味 苦味 アイコン
    • 味 苦味少な目 アイコン
    • 味 後味 アイコン
    • 味 バランス アイコン
  • フレーバー
    • フレーバー シトラス アイコン
    • フレーバー トロピカル アイコン
    • フレーバー ベリー アイコン
    • フレーバー チョコ アイコン
    • フレーバー ナッツ アイコン
    • フレーバー スパイシー アイコン
  • 焙煎度合
    • 焙煎度合 ライト アイコン
    • 焙煎度合 ノーマル アイコン
    • 焙煎度合 ダーク アイコン
  • 商品価格 円 〜
初めてお越しいただいた方へ
カート

コーヒーのカテゴリ

コーヒーの種類 一覧

いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > Premier Cru Cafe > 【コーヒー 豆】グッド ランド オーガニック農園(ハーフボトル)Premier Cru Cafe

【コーヒー 豆】グッドランドオーガニック農園 カトゥーラ ウォッシュト(ハーフボトル)Premier Cru Cafe

アメリカ合衆国【コーヒー 豆】グッド ランド オーガニック農園(ハーフボトル)Premier Cru Cafe

ハーフボトル1本(焙煎豆100g)

価格4,000円(税込)

数量
商品についてのお問い合わせ
お気に入りに登録 お気に入りに登録済み

グッドランドオーガニック農園

世界各国、3,000近くものコーヒー農園を知り尽くしたコーヒーハンター José. 川島 良彰でさえも、こんな場所でコーヒーがつくれるものかと驚嘆した、アメリカ本土カリフォルニア州のコーヒーを、Premier Cru Caféでは初となるルージュボトルでお届けします。Premier Cru Café が指し示す新しい世界観を表現する特別なデザインラベルで、本数限定での販売です。

生豆生産国
アメリカ合衆国
生豆産地 
カリフォルニア州サンタ バーバラ ゴレタ
農園   
グッドランドオーガニック農園
農園主  
ジェイ・ラスキー
セクション
カトゥーラ区画
標高   
250m
栽培品種 
アラビカ種(カトゥーラ亜種)
サイズ  
16up
プロセス 
ウォッシュト
原料豆輸送
航空貨物

風味

新茶を思わせる清々しい若葉の香りに、コクのある旨味折り重なる。キャラメルのようなまろやかな甘味に続く繊細な酸味が、全体をまとめる。

特に強く感じられる

緑茶

強く感じられる

キャラメル

微かに感じられる

ナッツ 葉巻 巨峰 スイートポテト 焼きリンゴ

味わいの強さ 7

味わいの強さ 7 イメージ

酸味 6

酸味 6 イメージ

甘味 7

甘味 7 イメージ

苦味 5

苦味 5 イメージ

焙煎度 4

焙煎度 4 イメージ

COFFEE HUNTERS STORY

グッドランドオーガニック農園 カトゥーラ コーヒーチェリー

農園主のJay Ruskey(ジェイ・ラスキー)は、25年以上にわたり、カリフォルニア州ロサンゼルスから北に向かったゴレタという小さな街で、オーガニックのフルーツを生産しており、コーヒーの生産は2002年より着手。カリフォルニア大学のマーク・ガスケル博士の協力を得て、自分が保有する農園内の様々な区画で、12品種を試験生産するところから始まりました。早い段階から、自分の農園でとれるコーヒーの品質に大きな可能性を感じたジェイは、10数年にわたる研究の結果、コーヒーにとって適切な栽培環境を、その他の生産国から遠く離れたこのカリフォルニアの地でほぼ同じように再現できるほどにまでなりました。

アボカドとコーヒー

彼の農園事業の一つのターニングポイントは、もともとカリフォルニアでポピュラーな作物であるアボカドと同じ敷地にコーヒーを植えることで、それぞれを補完しあってよりよい生産につなげられる関係性にあると気付いたこと。これは、近年の気候変動によって、昔ながらの作物の栽培だけを続けていたのでは農園経営がうまくいかなくなりつつあるカリフォルニアの多くの農家にとっても救いとなる発見で、品質の良いコーヒーを作ることが、地域の農業の多様性につながるという大きな社会貢献性を秘めるものとなったのです。

農園看板

2015年2月、カリフォルニア大学デービス校農学部で仕事を済ませた後、カリフォルニア州サンタ バーバラでコーヒー栽培をしているアメリカ人がいるので、是非訪問して欲しいと教授に依頼されました。
まさかカリフォルニアでコーヒー栽培とは!

グッドランドオーガニック農園

予定を変更して、デービスから380マイル(約610キロ)、レンタカーを飛ばしてサンタ・バーバラまで行きました。
これが、僕とGood Land Organic社のジェイ・ラスキーとの出会いです。サンタ バーバラは、ロスアンゼルスよりも北に位置し、そんなところで本当にコーヒーが育つのか半信半疑でした。
しかしサンタ・バーバラの街から山に入った渓谷に広がる彼の畑には、コーヒー樹のみならず、さまざまな熱帯果樹が栽培されていて驚きました。この谷間だけ、海からの暖かい風が吹き込み、熱帯の作物が育つ環境を作っています。ただしとても乾燥しているので、灌漑設備が備わっていないと何も育ちません。
しかし逆にほとんど病虫害が発生しにくい環境とも言えます。彼は、この環境を利用してコーヒーも熱帯果樹も有機栽培をしています。

その日は、農園内の彼の家に泊めてもらい、夜遅くまで彼のカリフォルニア コーヒーに掛ける夢を聞きました。

Jay RuskeyとJosé. 川島 良彰

COFFEE HUNTERSの商品一覧に戻る