「すべてはコーヒーのために。」ミカフェートはコーヒーハンター川島良彰が築いた品質基準をもとにした世界最高品質のコーヒーを追求しています。オンラインストア

商品検索

キーワード
ブランド
生豆生産国
フレーバー
焙煎度合
商品価格 円 〜
いらっしゃいませ ゲストさん

HOME > 器具・書籍等 > 川島良彰 著 「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか」

川島良彰 著 「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか」

書籍川島良彰 著 「コンビニコーヒーは、なぜ高級ホテルより美味いのか」

価格842円(税込)

数量
商品についての<br>お問い合わせ
お気に入りに<br>登録 お気に入りに<br>登録済み

世界的な「コーヒーハンター」が説くコーヒーの最新事情と奥深き世界! コンビニコーヒーと高級ホテルや高級レストランのコーヒーでは、なぜ約10倍もの価格差が生まれるのか。 そこに日本のコーヒー業界が長年抱える大きな課題があった。 コーヒーを取り巻く世界の状況から日本独特の「コーヒー進化」、そしてコーヒーの美味しい淹れ方まで、その魅力をまるごと一冊に!

内容

(はじめにより)

世界中に、日本ほど抽出方法が豊富な市場は見たことがありません。

10年ほど前、アメリカのコーヒー関係者にサイフォンでコーヒーを抽出して見せたところ、これは科学だと驚いていたほどです。
アメリカで人気のサードウェーブですが、それはまだまだ大都市に限定されています。日本のように、各地で本格的なサイフォンやネルドリップの専門店があるのとはわけが違います。他方、日本でもいくつかの大きな波がありました。

まずは、ファーストウェーブ。
これは、1950年代に戦中から止まっていたコーヒーの輸入が再開され、日本のコーヒー市場が活性化した1960年代。

そして、1970年代から始まった喫茶店ブームがセカンドウェーブ。
こだわりのコーヒーを淹れるマスターがいるコーヒー専門店が日本の随所に見られました。

しかし、バブルによる家賃高騰で喫茶店文化は終焉を迎え、取って代わったのが1990年代のチェーン店の展開とシアトル系の日本上陸、そして自家焙煎ブーム。
これが、日本のサードウェーブです。

そして、ここ数年、活況を呈しているのが、コンビニコーヒーです。
これがフォースウェーブと言えるのではないでしょうか。

今、コンビニコーヒーは、日本のコーヒーのトレンドを読む上で、見逃せない存在になっています。

こうして、コーヒーがより身近になり、コーヒーを飲む人が増えるのは実に嬉しいことです。
しかし、まだまだ本当のコーヒーのおいしさが伝わっているとは言いかねます。
原料の重要さ、正しい豆の選び方、抽出方法が広く伝わっていないとも感じています。

本書では、日本のコーヒーの現状とどのように変わっているのかを述べていきます。

器具・書籍の商品一覧に戻る